7/07/2017

好きなお店

昔むかし。有休を取って休んだ平日のお昼どき。出かけた先でたまたま見つけて入ったお店でした。

広々した空間には贅沢な座り方ができそうな背の低い往年のソファーとテーブル。奥の、いち段上がった仕切の向こうには整列したダイニングテーブル。カウンターごしにキッチン厨房。

入るのに少しだけ勇気がいりましたが、優しさと雰囲気に波長が合ったのか、以来足を運んでいました。

食事はとても美味しくて居心地もよくて。いつもランチタイムでしたが行けば食事と一緒にビールを必ず頼んでました。少々気恥ずかしさがありましたが、みなさんに優しく接して頂きました。

ずいぶん長い間、お世話になりました。

おととしの暮れ。突然の体調不良でその年は暮れに訪れることができませんでした。

年が明けてすこしして、体調も戻ってきたので出かけてみると、お店が入っているビル自体の改修工事がすでに始められていました。

・・・。思いもつかないことでした。フェンスに工事期間が1年後の春くらいまでと書かれているのを見つけて。しばらく現場をぼんやり眺めリニューアルオープンに期待しその場を去りました。

1年後の春。

谷中の春でも触れましたが今年の桜も素敵でした。天候の影響か東京では例年に比べ桜を楽しむ時間が長かった気がします。

ビルの改修工事もおわったかなと、出かけました。そこには新しいレイアウトで新しいお店がオープンしていました。

・・・。姿かたちは変わりましたがそれまで足を運んで訪れて、お店を始める前も始めた後も、色々な事を話し食べ飲み過ごしたことのある「空間」の一部が引き続き「空間」になってくれたと考えると安堵します。

偶然にもその新しいお店は、メディア掲載でお伝えした、hanaafハナアフが掲載されたオズマガジン7月号(No.543 本の町さんぽ)に載っているお店でした。

同じ号の雑誌に掲載されたのも何かの縁と勝手に感じ、当時をなつかしむ気持ちで訪れようと思います。

惜しむらくは最後に食事ができずごあいさつできなかったこと。実際にお世話になった時間はかき集めてもわずかなものかもしれませんが、美味しいお食事と優しいひとときをどうもありがとうございました。

今日は七夕。届くといいなぁ。

Share:

0 comments:

コメントを投稿

search

about us

自分の写真
ヴィンテージ雑貨と消しゴムはんこを扱う雑貨店とクラフト作家のアトリエを兼ねた小さなお店をひらいています。hanaafはハナアフとよみます。

atelier

消しゴムはんこを創っているすたんぷや お京さん。hanaafハナアフの一画をアトリエにして活動しています。ハンドクラフト系イベント出展や企画展の参加・雑貨店での販売でも活動中。作家のサイトとブログでは手づくりのよさや一点ものの魅力をお伝えしてます。

recent posts