4/20/2017

谷中の春

4月なのに東京では夏日が数日続きました。谷中の桜もすでにピークが過ぎ葉桜の風景に変わっています。今年も素敵でした。

ところでどんな時に春が来たと感じますか?

hanaafハナアフでは、ありがお店の入口沿いを行き交い始め西日がお店の奥まで差し込むと「あっ、そうか。季節だなぁ」と。

で、この(冬を超えてあらわれた)来訪者と今年もご一緒する準備を始めるわけですが、そうこうしているうちに桜が咲き始めほどなく裏の並木の広い道は桜のトンネルに。

絶景。

それも瞬く間に終わり緑が目立ちはじめ新緑へ。お店に春を告げるありと西日は秋〜冬に入るまでお付き合いします。 また、ひとまわりです。

p.s.
西日が落ち着いて日が暮れてから閉店30分前くらいまでの時間帯はお店の灯りが一番映えます。お店の入口から見える夕暮れがきれいな日はなおさら。 私たちが感じるhanaafハナアフの一番いい「時」です。 これがあるからhanaafは、ぽつんと19時までひらいてます。

(撮影日2017-04-06fri, さくら通りにて. しばしお店を留守にしてお花見中の撮影でした)

Share:

0 comments:

コメントを投稿

about

自分の写真
ヨーロッパ・アメリカのヴィンテージ雑貨と消しゴムはんこを扱うお店です。消しゴムはんこ作家のアトリエも兼ねています。

atelier

消しゴムはんこを創っているすたんぷや お京さん。hanaafの一画をアトリエにして活動しています。ハンドクラフト系イベント出展や企画展の参加・雑貨店での販売でも活動中。手づくりのよさや一点ものの魅力をお伝えしてます。

stampya-okyo.net

search